棚の隅

男にとってそれは、一瞬の夢でした―――――。
あなたが心の隅に、置き忘れたものはなんですか?

【公開日】2007年3月17日

【ストーリー】
某所でおもちゃ屋を営む康雄(大杉漣)の店へ、ある日ひとりの女性が客として現れる。康雄と言葉を交わすこともなく、棚の隅から売れ残りの古いおもちゃを買って出ていった中年女…、それは八年前、康雄と別れた妻、正確には男をつくって夫と幼い息子・毅をおいて、蒸発同然に家を出ていった妻の擁子(内田量子)だった。以来、擁子はたびたび康雄の店を訪れる。そしていつも同じように、売れ残りのおもちゃを買っていくのだった。今は再婚し、息子は継母に実の母親以上になついている。そんな平穏な生活の前に、突然あらわれた元妻と、奇妙な行動に心さわぐ康雄。
いっぽう、擁子も新たな恋人・進藤(榊英雄)との生活に割り切れないものを感じていた。進藤の求婚を、擁子は素直には受け人れられない。擁子の心の中には、残してきたわが子・毅(今井悠貴)の面影が強くきざまれていた。擁子は保険外交員として、康雄の妻・秀子(渡辺真起子)と親しくなり、康雄一家に遊園地のチケットをプレゼントした。休目の遊園地。久しぶりの一家団らんを過ごす康雄たちと、離れた場所に擁子、進藤のカップルの姿があった。ついに康雄と擁子が言葉を交わすときがきた。

【原作】連城三紀彦「棚の隅」

【キャスト】
大杉漣、内田量子、今井悠貴、徳井 優、今宿麻美、江道 信、榊 英雄、渡辺真起子

【スタッフ】
企画統括:小池和洋
脚本:浅野有生子
協力ブ口デユーサー:赤間俊秀
撮影:鈴木一博
照明:上妻敏厚
美術:井上心平
録音:高田伸也
音楽:延近輝之
助監督:原桂之介
編集:金子尚樹

監督:門井肇

協力:武藤起一事務所、二ユーシネマワークショッブ、財団法人相模原市産業振興則団、
NPO法人日野映像支援隊・相模台商店街連合会、
技術協力:日本ビクター株式会社
配給:リトルバード
製作:吉田侑、小池和洋、佐々木英夫、内山秀俊、関佳史、松本宏、青柳洋治、波多美由紀、細井俊介、江副純夫
製作:リトルバード、株式会社エイディーエム、有限会社アトウー、tvk、テレ玉、チバテレビ、三重テレビ、KBS京都、サンテレビ

Comments are closed.